砺波市・高岡市・南砺市・小矢部市の賃貸(アパート・マンション・貸家)、中古住宅、土地情報

社長ブログ

2019年05月11日

「ワクノウチ」砺波の伝統的家屋について!!

「ワクノウチ」づくりとは、広間型民家に見られる構造で、架構構造「かこうこうぞう」というらしい。

ウシバリとハリマモン

ウシバリとハリマモン

上大黒柱と下大黒柱の間にウシと呼ばれる太い横梁を渡し、この上に梁間物(はりまもん)という縦梁を直行させて架ける。

構造図

構造図

さらに、ウシ方向に、ハリヤスミを一間おきにすえ、その上に梁間方向にイタナラシを3尺(約90㎝)渡し、板又は丸竹の天木舞(あまごーまい)をウシ方向に張り、その上に菰(こも)

を張ってこれを天の床とする。

ヒラモンの背高は1尺(30㎝)以上で四方をヒラモンで囲った。ヒラモンの上は天井まで2枚の広い貫きで固めその間は白壁とする。このような枠組構造を「ワクノウチ」といっている。

「ワクノウチ」の大きさが家格の象徴とされたそうです。

材料は総ケヤキを最高とし、スギ、アテ、マツなどが使われ、見えるところは全て漆塗りである。。。

漆塗りのケヤキ材

漆塗りのケヤキ材

となみ散居村ミュージアムで不動産の無料相談会を実施したが、あらためて「ワクノウチ」を学んだ。。。。。

となみ散居村ミュージアム伝統館 → https://sankyoson.com/tour/tradition.html

富山県砺波市・高岡市・南砺市・小矢部市の賃貸(アパート・マンション・貸家)、中古住宅、土地売買の仲介・コンサルティングならいちご不動産へ

お気軽にご相談下さい 賃貸経営 土地建物 ローン
0763-34-1500 平日 9:30-18:00/日祝 10:00-18:00
メールでのお問い合わせはこちら
アクセスマップ