砺波市・高岡市・南砺市・小矢部市の賃貸(アパート・マンション・貸家)、中古住宅、土地情報

社長ブログ

2021年08月22日

うつさない・うつらない行動を 人々の精神活動(思考回路)は活発に動いてます☆彡「表裏一体」

感染拡大が止まりません!!

富山県内も県独自の警戒レベル「ステージ3」とされ、富山市にはまん延防止等重点措置が適用され、事態の深刻さが一層深まってきたこの瞬間だが、収束の目途等見込めず、只々状況把握と自己防衛に余念のない処。

パンデミックとは正にこの状況を指すものと実感が増すものです。

富山県庁HP ☛ https://www.pref.toyama.jp/120507/kurashi/seikatsu/seikatsueisei/0818manbou.html

新田富山県知事

 全人類が直面したこの事態に、ワクチン接種を積極的に受けられる事に感謝の気持ちを改めて持ったものですが、今日も相当数の接種者が増える現実の対策が実行なされている。🆙

「政府の対応が遅い」「総理大臣の責任問題」だの、表現の自由の名の元に報道各社の言葉や活字が独り歩きする感が伺えるが、そんな意見もまた敢えて否定はしないが殆どの国民は批判的発想ではなく、自己責任と自己防衛の意識を以って粛々と日々の生活に向き合っておられるることでしょう。

 個人の思想(思考活動)には、自身の行動に対する見極めがとても活発に行われているだろうことが、閑散としたこの社会現象として新聞から読み取れる・・・。

R3.8.22北日本新聞朝刊27面

やはり 人との接触を限り無く避ける(職場でも家族内でも)ことの意識が高まっているということ。

この事を万民が意識し実行しているということが今のこの瞬間の現実です。

但しこの状況も時の経過と共に慣れや緊張感の低下がもたらす気のゆるみに繋がることも学んだもの。

そのことを否定するものでも無いが、このことは個人の資質に委ねられる処だろう。

どうであれ、この難局を個々の有する資質(意識)をもって乗り越えることが今できる事。

この難局をそれぞれに乗り超えよう!!

結果に対する批判的思考も否定はしないが、現実を見据えた建設的な思想を備えた日本国民の真価が今こそ発揮される局面だろう・・・。

皮肉な現実に正面から向き合おう☆彡

 日々コツコツと努力を重ねてきて今日があることを改めて考え、行動に移したいもの。

しっかり考え、しっかり行動に移そう!!

行動とは ☛ https://kotobank.jp/word/%E8%A1%8C%E5%8B%95-62848

皮肉にも行動に移すということが「人との接触を避ける」ということとは・・・・。

「表裏一体」を裏付ける現象と理解しよう。

表裏一体(参照サイト:コトバンク) ☛ https://kotobank.jp/word/%E8%A1%A8%E8%A3%8F%E4%B8%80%E4%BD%93-613611