砺波市・高岡市・南砺市・小矢部市の賃貸(アパート・マンション・貸家)、中古住宅、土地情報

社長ブログ

2019年05月17日

所有者不明土地法の施行について

 昨日のTVニュースで「所有者不明土地法施行」のニュースをみた。

所有者不明土地 → https://www.mlit.go.jp/report/press/totikensangyo02_hh_000106.html

所有者不明土地法の概要 → https://www.mlit.go.jp/common/001224661.pdf

国内で不動産登記簿上所有者の所在の特定できない土地が約20%あり、今後は拡大の傾向にあるという。

公共事業の推進等の様々な場面において、所有者の特定等のため多大なコストを要し、円滑な事業実施への大きな支障ともなっている。

想像だが、固定資産税も納められていないのだろう。。。。

そんな土地を国や都道府県知事が事業認定や公益性等を確認し(上限10年)利用権を設定できたり、収用が可能になったりする制度。

本年6月1日から施行とのこと。法整備がなされ施行されるに至った。まだまだ充分な法律とは言えないだろうが実情に合わせて更に

内容が補完されたり真実の所有者の保護が図られていく事だろう・・・。

 廃屋(空き家)や荒れ地(空地)、固定資産税の未納付問題や所有者(管理者不在)物件に対する対策もまだまだこれからの課題となっており

対策案も実施段階に向かおうとしている・・・・。

どのような法整備を行っても全ての事柄を担保できる訳ではない。我々自身もその事に興味や意識を持ち、理解を示し関わっていくことが今できる

ことなのだろう。。。。

法律案・理由 → https://www.mlit.go.jp/common/001224659.pdf

富山県砺波市・高岡市・南砺市・小矢部市の賃貸(アパート・マンション・貸家)、中古住宅、土地売買の仲介・コンサルティングならいちご不動産へ

お気軽にご相談下さい 賃貸経営 土地建物 ローン
0763-34-1500 平日 9:30-18:00/日祝 10:00-18:00
メールでのお問い合わせはこちら
アクセスマップ